能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

まるで京都の川床にいるような…活ハモ祭り かもめ食堂@七尾市

先日、七尾市郡町にある『かもめ食堂』さんにお邪魔しました。

かもめ食堂さんに行く機会が続いていますが、今回、続けて行ったのには訳があるんです。

以前から、「活(生きている)のハモが入ったら、絶対に声かけてほしい」と店主に伝えてあったんですが、朝一番、お店から待望のメールがあったんです。

では、いざ、まいらん。


お店に喜び勇んで向かう途中、後輩に「何か言いことあったんですか」と声をかけられ、思わず前出のことを話したところ、「行きたいです」とせがまれて、連れていくことに…。

お伴が一人増え、2人でお店に向かうことになりました。

お店に入ると、もう席が確保されています。

席に座り、私は瓶ビール、後輩はウーロン茶。

では、乾杯。

最初の品は、トウモロコシのサラダです。


f:id:sakana770:20200716082623j:plain


甘い。

お待ちかねの、夏の甘さです。


f:id:sakana770:20200716082446j:plain


次の品は、オイルサーディンならぬ、オイルふくらぎです(笑)

フクラギのオイル漬けも美味しいですね。

この後、小イカの炊いたん、シロガイ焼き、も提供されたんですが、次にメインが控えているので、先に進ませていただきます。

次がお待ちかねの、刺し身の盛合せです。


f:id:sakana770:20200716082457j:plain


…と言っても、孟宗竹の長い器に盛られているため、端の方が見えませぬぬぬー。

マアジ、フクラギ、カマス、サザエ、マダコ、アカニシ貝、エトセトラで盛られていましたが、そのなかにお待ちかねの魚がいました。

ハモの落としです。


f:id:sakana770:20200716082508j:plain


関西の夏、京都の夏、には欠かせない魚です。

ハモは小骨が多いので、骨切りをしなければ食すことはできません。

骨切りしたハモを、熱湯にくぐらせ、氷水に落とす、なのでハモの落としと呼ばれています。

上品な白身が、まるで花が咲いたように開いていますが、これ、活の新鮮なハモでないと、こうは綺麗に開きません。

この、花が咲いたようなハモを食べたいがために、活のハモを待っていたんです。

こちらは、ハモの炙りです。


f:id:sakana770:20200716082519j:plain


こちらも、炙ったことで花が咲いています。

梅肉の色味が、涼を誘います。

これ、本当に美味しかったです。

ただ、今回はこれだけでは終わりません。

次の品は、ハモのしゃぶしゃぶです。


f:id:sakana770:20200716082530j:plain


f:id:sakana770:20200716082552j:plain


ハモを一切れとり、熱湯にサッとくぐらせ、ボンズでいただきます。

2人ともに、しばらく無言です…。

その後は、なぜか笑いが止まりませんでした。

それほどまでに、美味しかったんでしょうね。


f:id:sakana770:20200716082604j:plain


それに、最後には、その鍋で、ハモ雑炊も堪能しました。

今回も、いつもいつも、ご馳走さまでした。



www.sakana770.com





🐟

【お店の情報】
店名:かもめ食堂
住所:石川県七尾市郡町1-48
電話:090-7740-3840
営業:18:00~22:00
休日:日、月曜日

🐟

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

食べログ グルメブログランキング