能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

大将の地物の8貫握り⑥ 2020.4.1

先日、七尾市大手町にある『大将寿し』さんにお邪魔しました。

首都圏では外出を控える動きがありますが、能登七尾でも、春の催事・青柏祭の曳山行事が中止となるなど、人々の動きに制限を与える動きが目につきます。

春は、歓送迎会、花見、春祭りなど、多くの方が集い、飲食を共にする機会がありますが、多くは自粛を迫られています。

…なので、今回は一人で市内のお寿司屋さんを訪ねました。

今回いただいたのは、こちらのお鮨です。


f:id:sakana770:20200403081353j:plain


いつものごとく、カウンター席に座り、瓶ビールを注文しました。

付出しには、タケノコとワカメ煮、なます、フト(魚の腸)、が盛られています。


f:id:sakana770:20200403081319j:plain


付出しを肴に、瓶ビールを傾け、ネタケースをのぞき見ます。

ネタケースには、旬の魚がずらり。

春を代表するハチメ(メバル)、スズキ、ホウボウ、マアジ、などが並んでいますが、マアジがひときわ目をひきました。

なぜなら、いま七尾の定置網では、マアジが大大大豊漁だからです。

七尾市公設地方卸売市場の大型定置網の水揚げ状況を調べると、

令和2年3月28日 マイワシ 113トン
令和2年3月29日 マイワシ  99トン
令和2年3月30日 マイワシ 130トン
令和2年3月31日 マイワシ 145トン
令和2年4月 1日 マイワシ  80トン
令和2年4月 2日 マイワシ 294トン

…と、とんでもない数字を記録しています。

さらに、水揚げされているマイワシは良型なので、もう、塩焼きで食べるしかありません。

思わず注文したマイワシの塩焼きが、こちら。


f:id:sakana770:20200403081329j:plain


まずは、マイワシの香りが良い。

食欲をそそる香りです。

脂もたっぷりのって、本当に美味しいです。

ただ、一つ不満があるとすれば、メスだったこと…。

オスだと、パンパンの白子が食べられるので、そこだけが残念でした。

(と言いながら、美味しくいただきましたよ。)


そして最後に、地物の8貫にぎりです。


f:id:sakana770:20200403081342j:plain


今回は、(左上から)ガンド、ホウボウ、ヤリイカ、カワハギ、マイワシ、ハチメ、サヨリホタルイカ、の8貫でした。

ホウボウ、ヤリイカ、ハチメは、お塩や薬味で味付けされていたので、そのままでいただきました。

魚が新鮮なので、お塩や薬味で食べると、魚の風味を感じることができます。

ハチメは、皮目を炙っているので、香ばしい風味が美味しさを倍増させました。

春の魚は、見た目に彩りも華やかなので、お鮨を見るだけでも満足感を得れます。

今回も、たっぷりといただきました。

ご馳走さまでした。


f:id:sakana770:20200403081308j:plain



www.sakana770.com





🐟️

【お店の情報】
店名:大将寿し
住所:石川県七尾市大手町112
電話:0767-52-135
営業:11:30~14:00、17:00~22:00
休日:電話にてご確認を

🐟

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

食べログ グルメブログランキング