能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

七尾湾と富山湾の海の恵みで大満足のコース 大政寿司@七尾市

先日、七尾市三島町にある『大政寿司』さんにお邪魔しました。

さすがに昨今の状況を考えると、大規模な宴席を行うことはできませんので、今回は会社の同僚5人だけで送別会を開催しました。

では、いざ。



料理は、事前に4000円のコースをお願いし、飲み代は別での支払いとさせていただきました。

お店に入ると、小あがりの席まで案内されました。

席には、すでに小鉢が並んでいました。

小鉢は、イカの赤造り、タコの甘露煮、です。

みんなが席に付いてから、ナマコの酢の物、ホタルイカの酢味噌和え、が運ばれてきました。

おしぼりをいただき、まずは人数分の飲み物を注文です。

それでは、乾杯。

酒の席なので、少しづつ色々な料理を食べられるのは良いですね。

イカの赤造りは、塩味が抑えめで、肝の旨みを感じます。


f:id:sakana770:20200330081928j:plain


タコの甘露煮は、タコの甘みが引きだされています。


f:id:sakana770:20200330081918j:plain


ナマコの酢の物は、コリコリの食感です。

わずかに、クチコも盛られていました。






ホタルイカの酢味噌和えは、時季の味ですね。


f:id:sakana770:20200330081939j:plain


次に運ばれてきたのは、刺し身の盛合せです。


f:id:sakana770:20200330081950j:plain


ブリ、マダイ、イワシ、甘エビ、の4種が盛られていました。

季節はずれのブリが水揚げされているようですが、身がプリプリで醤油をはじいていました。

次に運ばれてきたのは、銀ムツの西京焼きです。


f:id:sakana770:20200330082001j:plain


一昔前は、メロウと呼ばれていた魚です。

スズキ目の魚なので、綺麗な白身をしています。

今では、金沢の特産魚の名をほしいままにしている「ノドグロ」。

ノドグロは赤ムツと呼ばれていますが、銀ムツもノドグロに負けず劣らず、脂が強い魚です。

そのまま塩焼きにすると脂を強く感じますが、西京焼きにすると、脂も抑えられた味になります。

次に運ばれてきたのは、白エビの唐揚げです。


f:id:sakana770:20200330082010j:plain


桜エビと同種ですが、白エビは富山湾でのみ漁獲されます。

皮ごと、ポリポリ、エビの甘みを感じられる一品です。

最後に運ばれてきたのは、お寿司、味噌汁です。


f:id:sakana770:20200330082021j:plain


お寿司は、マグロ、白身サヨリイカの生ゲソ、ネギトロ、の5貫です。

サヨリは、今年初でした。

七尾湾の春を代表する魚ですが、サヨリを口にすると身も心も綺麗になったように感じます。

サヨリの透きとおった身肉がそう感じさせるんでしょうが、実際には、サヨリの内腹は真っ黒なので、腹黒の人を表す隠語にもなっています(笑)

最後の最後には、デザートもいただきました。


f:id:sakana770:20200330082030j:plain


どうやら、サービスだったようです。

今回も七尾湾・富山湾の春を、お腹いっぱい食べさせていただきました。

ご馳走さまでした。


f:id:sakana770:20200330082040j:plain





🐟

【お店の情報】
店名:大政寿司
住所:石川県七尾市三島町66-11
電話:0767-52-0720
営業:17:00~22:30
休日:日曜日

🐟

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟️

食べログ グルメブログランキング