能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

高級魚マハタ&クロマグロの刺し身が1皿500円!! 番屋@七尾市

先日、七尾市大手町にある『番屋』さんにお邪魔しました。

こちらの店主が勤める大型定置網が豊漁と小耳にはさんだので、普段は食べられない魚に出会えるのではと考えて、訪問しました。

では、いざ。


こちらのお店は、私の帰路に面しているので、店内を横目でチラリと見て帰るんですが、だいたいがお客さんで込み合っています。

最近は常連さんだけでなく、BSプレミアム「六角精児の飲み鉄本線・日本旅」で紹介されたためか、出張中のサラリーマンも多く見かけるようになりました。

「六角精児の飲み鉄本線・日本旅」
http://www4.nhk.or.jp/nomitetsu/

人気のあるのは良いことですが、人気がありすぎて地元民が行けなくなるのは、ちょっと寂しいですね。

まー今回は予約してあったので、そんな心配もなく、すんなりと入ることができました。

いつものとおり、瓶ビールとオススメのお刺身を頼みました。

すぐに瓶ビールと付出しが出されました。


f:id:sakana770:20190312121607j:plain


付出しは、スルメイカの赤作りです。

もちろん店主の手づくりなので、赤作りであっても身の食感が失われていません。

あまり日持ちもさせる必要がない(すぐ注文で出てしまうそう)ので、塩分は少なめに仕上げられています。

次の品は、クロマグロとミシマオコゼの半々盛りです。


f:id:sakana770:20190312121636j:plain


こちらのお店の刺し身は、お安い上に量がものすごーく多い。

半々くらいで頼んだ方がちょうど良い。

(ちなみに、二人で行って半分ずつに盛ってもらっただけなので、半々盛りなんてメニューはありません。あしからず🙇)

この聞きなれないミシマオコゼなる魚、見た目はオニオコゼに似ていて、熱を入れて調理するとフグの食味に似ています。


f:id:sakana770:20190312143559j:plain


上の画像(出典:釣りトップ)のように、なかなかの見た目なので敬遠されがちですが、刺し身で食べるときれいな白身で、顔からは想像もできない上品な味です。

ただ、旨いと言ってもそんなに量は獲れず、鮮度落ちがはやい魚なので、そのほとんどが地元で消費されます。

その辺が、地元で良かったと思うところです😌😌😌

ほかにも、オキベラの煮付け


f:id:sakana770:20190312121708j:plain


マハタの刺し身


f:id:sakana770:20190312121732j:plain


ヤナギバチメの塩焼き


f:id:sakana770:20190312121759j:plain


と、美味しい能登七尾の海鮮尽くしをいただくこととなりました。

こちらのお店、刺し身は基本的に1人前500円以下なんですが、今回いただいた高級魚のマハタクロマグロ、ミシマオコゼでも、1皿500円なんです。

毎度、こんな価格でいただけるので、高級魚であることをついつい忘れてしまいますが、漁師さんの店なので水揚げされる魚は日々違います。

いつものことですが、ご馳走さまでした😌😌😌


↓↓↓居酒屋・料理屋さん放浪記はこちら↓↓↓
https://sakana770.hatenablog.com/entry/2019/02/13/055555




🐟

【お店の情報】
店名:番屋
住所:石川県七尾市大手町
電話:なし
営業:17:00~21:00
休日:水、日曜日

🐟

能登・七尾のさかな』ブログトップへ
https://sakana770.hatenablog.com/

🐟