能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

お寿司屋さんでAKBに遭遇?? 寿し一@七尾市

先日、七尾市府中町にある『寿し一(すしかず)』さんにお邪魔しました。

今回は、過去に在籍した課の仲間で飲むことになったので、そのうちの一人の希望を叶えてこちらのお店に伺いました。

では、いざ。


こちらのお店は七尾駅前からは少し離れているので、各々がドライブキーパーを伴ってお店に到着しました。

お店の入り口から暖簾をくぐって店内に入ると、いつも笑顔のおかみさんがいつもどおりに迎えてくれました。


f:id:sakana770:20190123160348j:plain


今回は事前に11名で予約を入れてあったので、到着した順に奥の和室に案内されました。

懐かしい顔や、見飽きた顔もいくつか見られますが、約1年ぶりに顔を合わせるので乾杯前から会話に花が咲き乱れていました。

それでは乾杯🍺

一品目は、ブリ大根です。


f:id:sakana770:20190123160445j:plain


今年は、稀にみる寒ブリの不漁で正月も寒ブリを口にできなかったので、これはありがたい一品です。

豊漁の時は大鍋にいっぱいのブリ大根を作って、家族で競って食べたものですが、今年はこの絶品のブリ大根をいただいて我慢することにします。

それにしても、これ本当に旨い😌😌😌

二品目は、刺し身です。


f:id:sakana770:20190123160535j:plain


甘エビ、寒ブリ、サザエ、スズキ、の四品盛りです。

石川県漁業協同組合では、甘エビ(A)、カニ(K)、ブリ(B)、の頭文字をとって、石川の海の幸のAKBと呼んでいます。

AKBには、観光客の垂涎のノドグロやアマダイ、七尾市民の大好物のメバル(ハチメ)は入っていませんが、これらの魚はAKBのような若手ではなく、和田アキ子のような大御所と言ったところなんでしょうか。

何はともあれ、石川のAKBにはがんばってほしいところです。

その次は、カマスの塩焼き。(今年の焼き魚は本当にカマスが多い)


f:id:sakana770:20190123160650j:plain


天ぷらの盛合せ。


f:id:sakana770:20190123160731j:plain


酢の物の盛合せ。


f:id:sakana770:20190123160815j:plain


酢の物の盛合せには、うなぎ、コハダ、マアジ、マダコ、わかめ、それと赤西貝(コナガニシ)が盛られていました。

最近は、北陸新幹線効果で七尾市民ですら高価な赤西貝は食べられません。

ただ、七尾市内の料理屋さんであれば、こうした宴に赤西貝が無いと言う訳にはいかないので、無理をしてでも赤西貝は仕入れます。

この辺は、料理人の意地なんでしょうか。

そうであれば、意地のおかげで美味しい赤西貝いただけました。

意地に感謝です。

最後に、やっぱりお寿司屋さんですから、これですね。

お寿司です。


f:id:sakana770:20190123160917j:plain


マアジ、ヒラメ、黒まぐろ、マダコ、ヤリイカ、甘エビ、の6貫ですが、こちらは黒まぐろ(K)が参加して、別ユニットでAKBの揃い踏みとなりました。

石川のAKB万歳🎉🎉😂

今回のOB会は、約1年ぶりの顔合わせでしたが、こんな機会でもないと退職された方に出会うこと、その方の近況を聞くこともできないので、やってよかったと感じました。

当時、真剣に、慎重に、真摯に、互いに仕事に向き合ったからこそ、昔話に花を咲かせること、昔話に笑いあえることができるんだと思います。

七尾の美味しい魚が話の花に、さらに彩りを与えてくれたように思います。

本当に、ご馳走さまでした😌😌😌


f:id:sakana770:20190123161019j:plain


↓↓↓寿司屋さん放浪記はこちら↓↓↓
https://sakana770.hatenablog.com/entry/2019/02/06/181818




🐟

【お店の情報】

店名:寿し一
住所:石川県七尾市府中町モ部28-1
電話:0767-53-2588
営業:12:00~14:00、16:00~22:00
休日:月曜日
web:すし王国能登七尾 (外部サイト) http://www.su-si.net/shop/s18/

🐟️

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

にほんブログ村 グルメブログ 魚・海鮮へ
にほんブログ村