能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

満腹中枢を刺激しなくても満腹です かもめ食堂@七尾市

先日、七尾市郡町にある『かもめ食堂』さんにお邪魔しました。

いつもは何だかんだと数人で夕食となるところなんですが、伺った日は何の予定もなく、何の約束もなかったので、久しぶりに一人で気楽にお店に伺いました。

では、いざ。


事前にメールを入れてあったので、私がお店に着いたときには、カウンター席の一番奥の席にボトルがポツリと置かれていました。

店内を見ると、テーブル席も予約で埋まっていて、いっぱいのようです。

「お店がいっぱいの時には断っていいよ」と伝えてあるので、いつもならメールで「今日は満席ゴメンm(__)m」とくるところなんですが、「よかったの?」と聞くと、どうやら予約時間が遅いからよいのだそうです。

なら、遠慮なく注文と行きたいところですが、いつものごとく料理は下準備されているようです。

一品目は、刺し身の盛合せです。


f:id:sakana770:20190716062959j:plain


太刀魚の炙り、カマスの炙り、赤イカ、タヌキメバルが盛られていました。

もちろん全ての魚介が七尾産なんですが、能登の夏に太刀魚やカマスがあたり前のように水揚げされているのも、最近は慣れつつあります。

太刀魚もカマスも水分の多い魚なので、炙りで皮目の水分を飛ばし、旨味と香ばしい香りを加えてあります。

う~ん、旨い😋

次の品は、白身魚とマダコのカルパッチョです。


f:id:sakana770:20190716063019j:plain


野菜不足の私のために、小鉢はポテトサラダと金時草のお浸しでした。


f:id:sakana770:20190716063035j:plain


f:id:sakana770:20190716063054j:plain


いつものごとく瓶ビールを1本いただいて、あとは麦焼酎の水割りをいただこうと手を伸ばすと、「こんなん食べる?」とカウンター越しに小皿を出されました。

海藤花(かいとうげ)、マダコの卵です。


f:id:sakana770:20190716063112j:plain


漢字で海の藤の花と書いてありますが、以前、タコツボのなかに産み付けられたマダコの卵を見たとき、タコツボの天井部からぶら下がる卵が、白い藤の花が咲いているように見えました。

その状況を見たことをある人が名付けたんですかね。

ぴったりの漢字です。

海藤花の炊いたんも美味しいですが、湯引いて酢味噌でいただくのも、夏らしくサッパリした味わいです。

その後、ハチメの塩焼き。


f:id:sakana770:20190716063130j:plain


オコゼの唐揚げをいただいて、満腹状態となりました。


f:id:sakana770:20190716063149j:plain

市内の大型定置網は、夏に水揚げが落ちる「夏枯れ」の様相ですが、それでも七尾には美味しい魚はいっぱいありますよ。

ご馳走さまでした😄😄😄




🐟

【お店の情報】
店名:かもめ食堂
住所:石川県七尾市郡町1-48
電話:090-7740-3840
営業:18:00~22:00
休日:日曜日、第1・第3月曜日

🐟

能登・七尾のさかな』ブログトップへ
https://sakana770.hatenablog.com/

🐟

にほんブログ村 グルメブログ 魚・海鮮へ
にほんブログ村