能登・七尾のさかなのブログ

石川県・能登半島の真ん中に位置する七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

休日の朝食は焼きたての能登かき お食事処 みず@七尾市

先日、七尾市能登島半浦町にある『お食事処 みず』さんにお邪魔しました。

(そう言えば、この前も行ったような…)


朝起きて、なぜか無性に牡蠣が食べたくなってしまったので、お店に向かうことにしました。

こちらのお店、朝は9時から営業しているので、朝飯にはバッチリ。

ただ、なぜか県外ナンバーの車が、朝早くから駐車場に並ぶと言う珍現象を見ることになります。

今回も、9時半ころにはお店に着いたんですが、10台ほどの車が並んでいました。



お店に入り、カウンター席に座ります。

牡蠣はもちろん注文するんですが、焼き牡蠣が食べたいので、プラスさしみ定食をチョイスしました。

その間に、小鉢を3つを選びます。

こちらのお店は、定食は小鉢が3つ、どんぶりは小鉢が2つ、セルフで選びます。

小鉢を選んだあと、ご飯とみそ汁をよそって席に着きます。

ちょうど、刺し身も運ばれてきました。




刺し身は、甘えび、青物、白身、カツオのたたき(ソウダカツオかな?)、バイガイ、サーモン、の6種盛りです。



市内の大型定置網は、マイワシで溢れかえっているので、刺し身の種類にも四苦八苦しているようですね。

小鉢と一緒に、刺し身も程よくいただいたころ、焼き牡蠣が運ばれてきました。



さすがに、きれいに焼かれています。

殻を開くと、大ぶりの牡蠣の身があらわれました。

七尾の牡蠣は広島などと違い、小ぶりで出荷されます。

広島は3年ほど生育しますが、七尾では1年半から2年半の生育期間で、出荷サイズになります。

海域の水温によって、牡蠣が成長する期間も変わるんですが、もう一つ大きく違うものがあります。

身質です。



暖かい海域は、身がやわらかく、七尾のように海水温が低い海域は、身が締まります。

七尾の牡蠣の特徴は、『他県に比べて牡蠣の粒は小さいが、身が引き締まっていること』です。

こちらのお店は、七尾で生育される牡蠣でも、大きいサイズの牡蠣なので、粒がぷりんぷりんしています。

3個注文しましたが、ちょっと、足りなかったかもです(笑)

お腹いっぱい、御馳走さまでした。



s.tabelog.com





🐟

【お店の情報】
店名:お食事処 みず
住所:石川県七尾市能登島半浦町20-1
電話:0767-85-2160
営業:9:00~19:00
休日:無いような気がします。

🐟️

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

食べログ グルメブログランキング