能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

うなぎ 追いし~🎵 割烹 お富@七尾市

アメリカのロストラータ、オーストラリアのタスマニアインドネシアのビカーラと言えば、あの水産物の名前です。

日本人であれば、嫌いな人はいないではないでしょうか。

そう、ウナギです。

今年の土用の丑の日は7/20・8/1となっていますが、暑い日に食べるうなぎはとにかく旨い。

そう考えていると、いてもたってもいられなくなって、一足早くこちらに伺いました。

七尾市中島町浜田にある『割烹 お富』さんです。

店先ののぼり旗には、誰もの食欲をそそる『天然うなぎ』の文字が踊っています。

これたけで思わず気持ちが満たされそうになりますが、いざ入店です。

メニューを開くと、もう、うなぎしか目がいきません。

メニューでは、「大」か、「中」か、二者択一ですが…

もちろん「大」です。

10分も待たずに目の前にお重がお目見えしました。


f:id:sakana770:20180719095909j:plain


美味しいですね😌

食事後に興味が湧いたので、「天然は地物ですか?」と質問したところ、「大津です。」と一言いただきました。

田鶴浜にある大津の潟で水揚げされたものだとわかったので、それ以上は聞きませんでした。

ところで、能登では新たに「ティ・エス・ピィ」と言う金沢市にある会社が、前出のビカーラ種の養殖に取り組んでいます。

稚魚の不漁などでニホンウナギの価格が高騰するなか、比較的に稚魚の仕入れ値が安い海外のうなぎで「能登うなぎ」と言うブランドうなぎ造りに取り組んでいます。

市内の生鮮食料品店「どんたく」でも丑の日にあわせて販売を予定しており、新たな名物になりつつあります。


f:id:sakana770:20180719100001j:plain


ところで、昨日、ふらりと七尾の老舗の鰻屋「新公楽」さんにお邪魔したら、ある方々に隣に座るように勧められました。

初見の方もいたんですが、聞けば、県の水産課や県漁協の方々でした。

話に花を咲かせていると、一人二人と後から合流して、いつの間にか大所帯の飲み会になってしまっていました。

気付けば、なかなかの時間に…😨

ともあれ、皆さん、夢ある話をたくさん聞かせていただいて、ありがとうございました😌

夏限定のこんなメニューも、いただきました。

ご馳走さまでした😌



(「新公楽」 うなぎの冷し肝)


f:id:sakana770:20180719100824j:plain


(「ひつまぶし う家 名古屋駅店」 ひつまぶし)


f:id:sakana770:20180719100050j:plain


f:id:sakana770:20180719100109j:plain



↓↓↓おさかなランチ探検隊はこちら↓↓↓
https://sakana770.hatenablog.com/entry/2019/02/21/121212



🐟

店名:割烹 お富
住所:石川県七尾市中島町浜田1-69-1
電話:0767-66-0183
営業:11:00~20:00
休日:月曜日

🐟️

能登・七尾のさかな』ブログトップへ
https://sakana770.hatenablog.com/

🐟