能登・七尾のさかなのブログ

石川県・能登半島の真ん中に位置する七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

古代の息吹を感じながら かもめ食堂@七尾市

先日、七尾市郡町にある『かもめ食堂』さんに、お邪魔しました。

お客さんの入りを電話で確認して「空いている」と聞いたので、お店に伺いました。

あんまり混んでいると、やっぱり嫌なので…。

カウンター席の端席に座ると、奥さんが瓶ビールを運んできてくれます。

もう、1日の終わりのルーティーンです(笑)

1人での乾杯もそこそこに、料理が運ばれてきます。

まずは、氷頭なます&オイルフクラギです。


f:id:sakana770:20211122074642j:plain


f:id:sakana770:20211124113927j:plain


お店でシャケを丸ごと仕入れたようで、そのシャケで氷頭なますを作ってくれました。

ナンコツ好きの私の大好物なので、ポリポリと良い酒の肴です。

オイルフクラギは、オイルサーディー(イワシ)のフクラギ版なので、勝手にオイルフクラギと呼んでいます。

これもまた、お酒にピッタリの肴です。

次に運ばれてきたのは、シャコの酢の物&なにかしらの塩焼きといぶりがっこです。


f:id:sakana770:20211122074659j:plain


f:id:sakana770:20211124114012j:plain


シャコの酢の物は、七尾湾で水揚げされた小ぶりのシャコですが、身がプリプリで甘みがあります。

なにかしらの塩焼きは、とりあえず口に含むと、なかなか噛みきれません。

クチャクチャと噛んでも、なかなかに噛みきれません。

「ちょっと食べにくいよ」と店主に伝えると、何やら、ニヤリ。

「これ、あれだなー、ヌタウナギだなー」、と伝えると、ニヤリ。

テレビとかで、水槽のなかに入れて手でかき混ぜると、ヌルヌルがいっぱい出る、あれだよね。

韓国とかで、皮は皮製品に使われている、あれだよね。

て言うか、生きた化石だよね。

申し訳ありませんが、口に入れた1切れだけはいただきます。

次は、刺し身です。


f:id:sakana770:20211122074722j:plain


f:id:sakana770:20211122074743j:plain


マツダイ、イシダイ、アオリイカ、マアジ、の4種盛りです。

マツダイとは、七尾では珍しい魚です。

見た目、シーラカンスのような魚…と言って、皆さんに伝わるかどうか…。

鱗が硬くて、まるで鎧を着ているような魚なので、調理をするのが、本当に大変です。

(私はこの魚を調理しようとは思いませんが…)

ただ、身は綺麗な白身で、血合いの感じを見ても、一見ではそれと分からない。

私も、言われなければ、カワダイ(クロダイ)だと思っていたことだろー。

ただ、言えることは、この魚は美味しい。

見た目は、生きた化石だけど(笑)

あといただいたのは、〆サバの塩焼き、ソウダガツオのフライ、です。


f:id:sakana770:20211122074810j:plain


〆サバの塩焼きは、サバを酢で〆ているので、身の甘みが強く感じられます。

ソウダガツオのフライは、以前、店主に「東京でカツオのフライを食べたら旨かった」と話していて、それで作ってくれた料理です。


f:id:sakana770:20211122074901j:plain


大根おろしと醤油で、サッパリいただきました。

何か今回は、魚料理をいただきにきたと言うよりは、古代の魚に合いにきたと言う感じになってしまいましたが…。

お腹いっぱい、ご馳走さまでした。



www.sakana770.com





🐟

【お店の情報】
店名:かもめ食堂
住所:石川県七尾市郡町1-48
電話:090-7740-3840
営業:18:00~22:00
休日:日、月曜日

🐟️

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

食べログ グルメブログランキング