能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

別荘地のビストロで白エビ&鱈&白子 ビストロ イグレック@石川県羽咋郡志賀町

先日、石川県羽咋郡志賀町にある『ビストロ イグレック』さんにお邪魔しました。

事前に電話で予約をして、連れと2人で伺いました。

最近、ゆっくりとイタリアンのお店に行けていないので、張りきってお店に向かうことになりました。

では、いざ。


お店に着いたのは、開店時間の10分前の17時20分です。


お店に入ると、予約した席に案内され、少し(開店時間まで)待つように言われました。

料理は事前に4000円のコースを予約してあったので、それぞれの飲み物を注文しました。

まずは、乾杯です。

最初のお皿、「前菜の盛合せ」が運ばれてきました。


f:id:sakana770:20210406080719j:plain


f:id:sakana770:20210406080734j:plain


透明なお皿に、華やかに盛り付けされています。

カジキのカルパッチョ、カモ肉のタタキ、能登豚とフォアグラのパテ、3種です。

カジキのカルパッチョは、ソースとマヨネーズがかけられていますが、バジルの香味が淡白なカジキにマッチしています。

なかでも、能登豚とフォアグラのパテは、連れが最後まで食べるのがもったいないと、小さく切り分けながら食べていたほどの逸品です(笑)

次のお皿、「パン」が運ばれてきました。


f:id:sakana770:20210406080753j:plain


パンは、パスタのソースを食べるのに必須なので、ここはしばらくスルーです。

次のお皿、「白エビと菜の花のペペロンチーノ」が運ばれてきました。


f:id:sakana770:20210406080816j:plain


f:id:sakana770:20210406080829j:plain


運ばれてきた瞬間から、お皿から、エビの香りが溢れだしてきます。

香りが、やばいです。

エビと菜の花の味を生かすためでしょうか、ニンニクは控えめな使用のようです。

次のお皿、「鱈と白子のポワレ」が運ばれてきました。


f:id:sakana770:20210406080916j:plain


メインは4種類から選べるようでしたが、私は魚の一択でした。

連れは、「能登豚のひれ肉のロースト」でした。


f:id:sakana770:20210406080942j:plain


f:id:sakana770:20210406080954j:plain


鱈の身には、ほどよく熱が入れられ、口のなかでユリ根のように身がほぐれます。

寒のマダラの美味しさが、凝縮されています。

白子も、美味いやつです。

ここで、連れと息がピッタリだったのが、「あと一品食べたい」と思ったことです。

この後はデザートだったので、料理の半場のところで、さらに別の注文をしました。

それがこれです。

「ウニボラーナ」です。

名前から想像はつくでしょうが、ウニをふんだんに使ったカルボナーラです。


f:id:sakana770:20210406081020j:plain


f:id:sakana770:20210406081033j:plain


これが、美味いのなんの。

ソースを、一滴すら残したくない2人は、パンまでお代わりしてしまいました(笑)

味は、言わずもがなです。

最後には、デザートとコーヒーをいただき、さらにマカロンまでいただき、2人ともに鱈腹になってしまいました。


f:id:sakana770:20210406081058j:plain


f:id:sakana770:20210406081121j:plain


ちょうどここら辺で、店内が込み合ってきたので、お会計をすることにしました。

今回もお腹いっぱい、ご馳走さまでした。


f:id:sakana770:20210406081146j:plain


f:id:sakana770:20210406081212j:plain



www.sakana770.com





🐟

【お店の情報】
店名:ビストロ イグレック
住所:石川県羽咋郡志賀町町へ1-273
電話:0767-32-3377
営業:11:30~14:00、17:30~21:00
休日:火曜日

🐟

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

食べログ グルメブログランキング