能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

【番外編】蕎麦の旅⑥ 手打ち蕎麦 こより@金沢市

不定期で記事を掲載しています【番外編】蕎麦の旅も、今回で6回目になります。

はじまり、はじまりです。


私、美味しいお店の噂を聞きつけると、すぐにGoogleマップにお店を保存してしまう『へき』があります(笑)

こちらのお店は、一度伺ったことはあるんですが、その際、「時間がなくて、行った全員でざるそば食べた。」としか覚えていないお店だったんですが、なぜか気になったので、お店を保存してあったんです。

今回、野暮用で金沢まで足をのばしたので、こちらのお店に伺わせていただきました。


f:id:sakana770:20210115154439j:plain


開店時間は11時30分、駐車場が狭いイメージがあったので、開店15分前にお店の前に到着しました。

この日は、

お店に一番のり、

受付簿に名前を書きましたが、

私の名前の上には他の方の名前はありません。


f:id:sakana770:20210115154457j:plain


時間ちょうどにお店が開き、店内に案内されました。

小上がりのフローリングのスペースにはテーブル、奥には和室、入口横の土間打ちにもテーブルがあります。

結構な広さのお店です。

店員さんが「どちらでも」とおっしゃったので、入口横の土間打ちのテーブルに座ります。

すぐに、メニューとお茶が運ばれてきました。


f:id:sakana770:20210115154541j:plain


f:id:sakana770:20210115154555j:plain


メニューは数多くあるようですが、最初から決めていた数量限定の「ざるそばと稲荷寿司セット」を注文しました。

古民家をイノベーションした店内は、不要のものを取りはらったシンプルな仕上げになっています。

荒々しさが残る土壁の塗り、梁や柱には漆黒のいぶしの跡が見られます。

間接照明も多く設置され、広く開口部も設けられているので、店内は陽光や採光に照らされています。

窓から見る庭には、わずかに残雪も見られるので、一見したら雪見障子のようです。

そんなこと考えていたら、限定の蕎麦が運ばれてきました。


f:id:sakana770:20210115154745j:plain


「ざるそばと稲荷寿司セット」です。

まず、蕎麦の色彩です。

画像では分かりずらいですが、薄っすらとミドリがかっています。

蕎麦の表面はきめ細かく、陽光に淡く光っています。


f:id:sakana770:20210115154830j:plain


f:id:sakana770:20210115154635j:plain


惹かれるまま、そのまま一口。

蕎麦が、あまーい。

「蕎麦は塩で」なんていう人もいますが、こちら蕎麦はその塩も必要ありません。

蕎麦の甘みで、充分に蕎麦の旨味を感じられます。

これ、好きなやつです。

蕎麦も良いですが、店員さんが「熱い間にお召しあがりください」と言っていた、カブの蒸し物。


f:id:sakana770:20210115154727j:plain


少しスプーンで触れると、ふわふわなことが分かります。

スプーンで一片すくい、口に運ぶと、カブがとろけます。

具には、小海老、銀杏、芳醇な香りも一緒に口のなかに飛びこんできます。

これも、旨いやつです。

セットには、蕎麦の実入りの稲荷寿司、鴨ロース、出汁巻き玉子、クワイの実、野沢菜、どれもこれも美味しい品です。


f:id:sakana770:20210115154650j:plain


f:id:sakana770:20210115154712j:plain


なかでも、やはり蕎麦ですね。

滅多にいただくことができない、本当に、本当に、美味しい蕎麦でした。

また、大好きな、再訪確実のお店と出あうことができました。

お腹いっぱい、ご馳走さまでした。


f:id:sakana770:20210115154813j:plain



nihachi.hatenablog.com





🐟

【お店の情報】
店名:手打ち蕎麦 こより
住所:石川県金沢市長田2丁目20-13
電話:076-205-4591
営業:11:30~15:00
休日:水、木曜日

🐟

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

食べログ グルメブログランキング