能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

「次の日の 朝まで残る ウスバハギ(笑)」 かもめ食堂@七尾市

先日、七尾市郡町にある『かもめ食堂』さんにお邪魔しました。

最近、「魚が食べたいなー」と思うと、ついつい足が向いてしまうお店になってしまいましたねー。

では、いざ。


今年は、疫病が流行してしまうと言う、日本に台風が一つも上陸しなかったと言う、非常に稀有な年になってしまいました。

台風が来ないと言うことは、大型定置網が数多く敷設された当地区にとって、漁具被害がでないと言うことなので、良いことではあるんですが、肝心の魚の水揚げの方がよろしくありません。

実は、台風には、海のなかをかき混ぜてくれると言う役目があります。

海のなかがかき混ぜられると、海底に潜む微生物をまきあげることにつながり、魚たちの食物連鎖を促進します。

魚の水揚げが少ない一因は、台風が来なかったことなのかもしれませんねー。

ともかく、まずは美味しい魚をいただきまーす。

最初の品は、ワカメとキュウリの酢の物です。

疲れた身体に、サッパリとした一品です。


f:id:sakana770:20201029081003j:plain


次の品は、温ブロッコリーです。

新鮮なブロッコリーを、サッと湯がいた一品です。


f:id:sakana770:20201029081038j:plain


さー、次が、お待ちかねの、刺し身の盛合せです。

秋らしい装いです。


f:id:sakana770:20201029081050j:plain


f:id:sakana770:20201029081104j:plain


f:id:sakana770:20201029081116j:plain


カワハギ、アンカンバク、アオリイカ、マアジ、アオリイカ、カマスの炙り、カンパチ、が盛られています。

特にオススメなのが、アンカンバクです(標準和名は、ウスバハギ)。

能登七尾では、アンカンバク、グンカンバク、アンカン、と呼ばれています。

見た目は、ウマヅラハギと一緒なんですが、とにかく、ずーたいが、でかい。

1メートルを超えるサイズのものも、見かけることがあります。


f:id:sakana770:20201029081329j:plain


この魚、こんな見た目なのですが、期待を見事に裏切ってくれます。

ものすごく、旨いと言う意味です。

今回は、かるく昆布で〆たアンカンバクをいただきましたが、一緒に行った同僚が、「次の日の朝まで舌が味を覚えていた。」と迷言を残したくらいです。

昆布〆以外には、塩焼きもオススメです。

バクなのに、結構、脂を感じれる魚です。

新鮮なアンカンバクが手に入るようであれば、薄造りも美味しいです。

フグ刺しより美味しく感じるかもしれません。

過去には、結構な量が水揚げされていたときもあります。

越前クラゲが大量に発生したときには、クラゲを餌にしているバクやハギが多く水揚げされ、アンカンバクも良く水揚げされました。

今となっては懐かしい話です。


あと、他にも、イノシシ肉のほうば味噌


f:id:sakana770:20201029081133j:plain


イノシシ肉の串カツ


f:id:sakana770:20201029081149j:plain


茶碗蒸し


f:id:sakana770:20201029081201j:plain


と、たっぷりと能登の山海の幸をいただきました。

今回も、いつもいつも、ご馳走さまでした。



www.sakana770.com





🐟

【お店の情報】
店名:かもめ食堂
住所:石川県七尾市郡町1-48
電話:090-7740-3840
営業:18:00~22:00
休日:日、月曜日

🐟

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

食べログ グルメブログランキング