能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

【番外編】蕎麦の旅⑤ 香り蕎麦 亀平@金沢市

先日、金沢市新神田にある『香り蕎麦 亀平』さんにお邪魔しました。

急な仕事で金沢に出張となったので、昼食をいただきに、こちらのお店に伺いました。

【番外編】の蕎麦の旅、はりまり、はじまり-。



お店に着いたのは、時計の針がちょうど12時を指した頃でした。

お店の前には駐車場があり、5台ほどの車が停められます。

3台分の駐車場が停められていましたが、なんとか、停めることができました。

暖簾をくぐり、お店に入ると、カウンター席の端席に案内されました。

案内されたとおりに座ると、すぐに、お茶・おしぼりが運ばれてきました。

メニューは、各席の前にあります。


f:id:sakana770:20201016082003j:plain


先客のテーブルの上を見ると、お蕎麦とどんぶりが並んでいます。

察するに、おろしそば、野菜のかき揚げ丼、だし巻き玉子、がセットになった「お昼のセット(1200円)」のようです。

私もつられて注文しそうになりましたが、ご飯は控えたかったので、「粗挽き蕎麦 大盛り」を注文しました。

目の前では、店主が軽快に蕎麦をゆがいています。

一人前ずつ、丁寧に調理をしています。

その落ち着いた佇まいから、「当たり」と直感しました。

すべての先客の前に料理が運ばれたようなので、次は私のお蕎麦のようです。

先ほどと同様に、手際が良い。

これは、期待ができます。

数分が経ち、私の前にお蕎麦が運ばれてきました。


f:id:sakana770:20201016081827j:plain


f:id:sakana770:20201016081926j:plain


蕎麦がツヤツヤと光っています。

その艶が、金色の光にも見えます。

まずは、ツユを付けずに、お蕎麦を一口。

蕎麦の香りより、まず、蕎麦の甘さが舌先に伝わってきます。

噛むごとに、蕎麦の甘みを力強く感じます。


f:id:sakana770:20201016081910j:plain


ツユを付けて、一口。

ツユの旨みも相まって、蕎麦の旨みが一段階、増し増しです。

粗挽き感も充分に味わえ、食べごたえもアリです。

薬味は、大根おろし、白ネギ、すりおろしたてのワサビ、です。


f:id:sakana770:20201016081857j:plain


大根は辛味が少なく、蕎麦と一緒に口に含んでも、蕎麦の風味を充分に感じることができます。

フレッシュ感を感じるワサビも、良いアクセントになっています。

粗挽きそばは、十割とメニューに書いてあるとおり、噛み応えのある蕎麦です。

ただ、田舎蕎麦と表現するには上品な風貌で、あえて、「粗挽きそば」と表現したい様相です。

食べ終わりに蕎麦湯もいただきましたが、こちらも上品さがありました。

最後に、冷たいお水をいただきましたが、水道水ではなく、冷蔵庫からポットで提供してくれました。

甘みを強く感じることができるお水でしたが、蕎麦打ちの水だったんでしょうか。

ともかく、非常に満足感の高いお蕎麦屋さんでした。

今回もお腹いっぱい、ご馳走さまでした。


f:id:sakana770:20201016081941j:plain



www.sakana770.com





🐟

【お店の情報】
店名:香り蕎麦 亀平
住所:石川県金沢市新神田2丁目12-2
電話:076-292-1156
営業:11:30~15:00
休日:月曜日

🐟

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

食べログ グルメブログランキング