能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

大将の地物の8貫握り④ 2019.12.16

先日、七尾市大手町にある『大将寿し』さんにお邪魔しました。

今年も、お隣の漁港からの寒ブリ宣言の声は聞こえてきませんが、日に日に寒さは強くなってきているように思います。

今回いただいたのは、こちらのお鮨です。


f:id:sakana770:20191212081349j:plain


f:id:sakana770:20191212081335j:plain


(左上から順に)イシダイ、ヤナギザワラ

マアジ、ウマヅラハギ、〆サバ

アオリイカカマスの炙り、シマフグ

の8貫でした。

(わたしは甲殻類が苦手なので、その点も考慮して握ってもらっています。)


イシダイは、シマダイ(七尾ではタカバとも呼びます)が成長して大きくなった成魚の呼び方で、成長するにつれて魚体の縞模様が薄くなっていきます。

ヤナギザワラは、サワラの小サイズ(七尾ではサゴシとも呼びます)の呼び名ですが、厳密にどの大きさまでがどの呼び名を使うかは、決められていません。

ただ、金沢の寿司屋さんでサワラを注文すると、なぜかカジキがでてきます。


f:id:sakana770:20191212081404j:plain


こちらの焼き魚は、イシダイではなく、大きさ的にはシマダイです。

シマダイは、夏の磯釣りなどでよく釣りますが、磯の餌を食べているので、シマダイの身肉も磯の香りが強くなります。

ただ、冬に水揚げされるシマダイは磯の香りも少なく、脂ものっているので、上品な白身に感じます。

今回いただいたシマダイも美味しかったです。


f:id:sakana770:20191212081419j:plain


付出しは、3種類の品が盛られていますが、いま豊漁のマサバの南蛮漬けも盛られていました。

季節外れの時しらずのようなマサバですが、こちらも身が締まって美味しい品でした。

まだまだ寒ブリの豊漁の声は届きませんが、能登の冬の幸を鱈腹いただきました。

ご馳走さまでした。


f:id:sakana770:20191212081438j:plain


f:id:sakana770:20191212081500j:plain



www.sakana770.com





🐟️

【お店の情報】
店名:大将寿し
住所:石川県七尾市大手町112
電話:0767-52-135
営業:11:30~14:00、17:00~22:00
休日:電話にてご確認を

🐟

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

食べログ グルメブログランキング