能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

最近は七尾でもヒラマサをよく見かける 海ぼうず@七尾市

今回は、七尾市府中町にある『海ぼうず』さんにお邪魔しました。

以前の職場の同僚と『飲みに行こう』と言うことになったので、お久しぶりにこちらのお店に伺いました。

では、いざ。


七尾の市街地の中心にホテル ルートインがあるんですが、そのホテルのすぐ横にこちらのお店があります。

国道から少し入ったところにあるのと、看板も少し控えめなので、お店を知っている人しかたどり着くのが難しいかもしれません。

お店に入り、2人であることを伝えて、カウンター席に座りました。

まずは、生ビールを注文して、乾杯です。

お店の壁には、多くのメニューが書かれています。

定番のメニューは紙のポップに、その日のメニューはホワイトボードに書かれています。

そのなかから、幾品か注文をしました。

店員さんが、おしぼりとお箸を用意してくれました。

続けて、運ばれてきました付出しは、金沢野菜でもある金時草のお浸しです。


f:id:sakana770:20191113074631j:plain


一口目に、このさっぱりした味わいは、仕事終わりの疲れた身体には正直助かります。

あまりにサッパリして、のちの食欲を誘発するようでもあります。


f:id:sakana770:20191113074639j:plain


一品目は、ばくらいが運ばれてきました。

ホヤと、ナマコからとれるコノワタの塩辛で、云わば東北と北陸の海の珍味の共演です。

癖があるホヤ。

癖があるナマコ。

「癖がすごーい」なんてフレーズ使うお笑い芸人もいましたが、このメニューも負けずに癖がすごーいです(笑)

塩の塩梅がほどよいので、冷酒に相性良しです。

次の品は、たこわさです。


f:id:sakana770:20191113074655j:plain


小ぶりに切ったタコに、適度にワサビの辛味が絡んで、酒がすすむ一品です。

次は、寒い日にはやっぱりこれ。

おでんです。


f:id:sakana770:20191113074706j:plain


メニューに『塩おでん』と書いてあるとおり、汁は綺麗に澄みきっています。

それでいて、しっかりと汁に味があるので、ついつい汁まで飲んでしまいます。

汁、飲みすぎ注意の一品です。

次は、大好きな栃尾のアブラゲです。


f:id:sakana770:20191113074719j:plain


七尾では、油揚げ(アブラアゲ)ではなく、アブラゲと呼びます。

何故かは分かりませんが、今さらアブラアゲとは呼べません。

当然、こちらのアブラゲも美味しい。

最後の品は、刺し身です。


f:id:sakana770:20191113074838j:plain


ホワイトボードには、その日のオススメの刺し身が書かれていましたが、ヒラマサの刺し身を注文しました。

厚めに切られたヒラマサは、食感もほどよく、爽やかな風味すら感じられます。

ヒラマサの脂も適度にのっていて、実に美味しい一品でした。

ご馳走さまでした。



ところで皆さん、次の2種類の魚の名前を答えられますか?


f:id:sakana770:20191113082917j:plain


f:id:sakana770:20191113082929j:plain


図鑑の写真で申し訳ありませんが、この2種類の魚を見分けるのは、実は非常に簡単なんです。

いいですか。

答え、言いますよ。

正解は…。

上が『ヒラマサ』、下が『ブリ』です。

見分け方は、上くちびるの角(人間で言う口角?)が、ヒラマサは丸くて、ブリが角ばっているでした。

分かってみれば、簡単でしょ👍👍👍

お魚屋さんの店頭でこれらの魚を見かけたときは、『あっ、ヒラマサだ。』と誰かに自慢顔で教えてやってください。

まー、あんまり自慢にはなりませんが…😅😅😅



↓↓↓居酒屋・料理屋さん放浪記はこちら↓↓↓
https://sakana770.hatenablog.com/entry/2019/02/13/055555




🐟

【お店の情報】

店名:海ぼうず
住所:石川県七尾市府中町ニ42-1
電話:0767-52-5388
営業:17:00~
休日:水曜日

🐟️

能登・七尾のさかな』ブログトップへ
https://sakana770.hatenablog.com/

🐟

にほんブログ村 グルメブログ 魚・海鮮へ
にほんブログ村