能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

魚介らーめん好きの憂鬱⑫ 貧瞋癡@富山県氷見市

先日、富山県氷見市朝日本町にある『貧瞋癡』さんにお邪魔しました。

言わずと知れたラーメンの有名店ですが、久しぶりにあのラーメンが食べたくてお店に伺いました。

では、いざ。


f:id:sakana770:20190929093815j:plain


お店の前に着いたのが開店直後の11時45分頃だったんですが、意外にもお店の外の待ち客は2人でした。

それならと2人の後ろに並んだんですが、5分もせずに4人のグループがでてきて、すぐに入店することができました。

ラッキーです。


f:id:sakana770:20190929093935j:plain


案内されたカウンター席には、すでにメニューが置かれていましたが、今回は氷見産煮干ラーメンにすると決めていたので、間髪入れずに注文しました。

店内の席はうまっていましたが、ひととおりの注文の品は提供済みだったのか、5分もせずにまずはトッピングが運ばれてきました。


f:id:sakana770:20190929093833j:plain


トッピングは、煮玉子、チャーシュー、ネギ、メンマ、岩のりです。

続けて、煮干ラーメンも運ばれてきました。


f:id:sakana770:20190929093901j:plain


スープが澄んでいて、他店の煮干しラーメンとは一見して違いを感じます。

お昼のメニューに書かれていた「氷見産煮干ラーメン」「黒醤油ラーメン」「白醤油ラーメン」は全て食したことがありますが、以前に氷見産煮干ラーメンをいただいたときに、ちょっとしたしくじりをやっています。

何も考えずに最初にトッピングを全のせしてしまったんですが、岩のりの風味が強くて、肝心のスープの味を全く感じることができなかったんです。

今回はあえてトッピングをラーメンにのせずに、素のラーメンを味わおうと思います。


f:id:sakana770:20190929093848j:plain


結果から言うと、煮干しの味が感じられないほどにあっさりしたスープでした。

正確には、煮干しの味が感じられないと言いますか、「煮干し臭い」「内臓のえぐみ」などの煮干しのマイナスの要素が全く感じられなかったと言うことで(それが好きと言う方もいますが…。)、煮干しの旨みと言うプラスの要素を充分に感じました。

最近よく耳にする「激ニボ」などの煮干しラーメンとは、一線を画す煮干しラーメンですね。

トッピングはそれぞれにいただきながら、充分にスープも堪能したあと、残りのスープに岩のりを加えて、最後に岩のりスープをいただきました。

相変わらず、食したあとに幸せを感じることができるラーメンです。

大盛りがないので、追加で黒醤油ラーメンも食べようと思いましたが、気持的に満足していたので、今度の楽しみにすることにしました。

ご馳走さまでした。


(別日にいただいた煮干しラーメン)


f:id:sakana770:20190929093950j:plain


(別日にいただいた黒醤油ラーメン)


f:id:sakana770:20190929094003j:plain


(夜には赤ワインも提供)


f:id:sakana770:20190929094013j:plain



f:id:sakana770:20190929093920j:plain


↓↓↓魚介らーめん好きの憂鬱はこちら↓↓↓
https://sakana770.hatenablog.com/archive/category/%E9%AD%9A%E4%BB%8B%E3%82%89%E3%83%BC%E3%82%81%E3%82%93%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%AE%E6%86%82%E9%AC%B1




🐟️

店名:貧瞋癡
住所:富山県氷見市朝日本町1-1
電話:0766-72-0104
営業:11:30~14:00、19:00~21:00
休日:月曜日

🐟️

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟


にほんブログ村 グルメブログ 魚・海鮮へ
にほんブログ村