能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

ちょっと早いけど能登かきを喰らう 新公楽@七尾市

先日、七尾市大手町にある鰻専門店の『新公楽』さんにお邪魔しました。

9月の終わりだと言うのに暑い日が続くので、夏バテではないと思いますが、少しスタミナをつけに伺いました。

では、いざ。


昼は、うな丼やうな重の食事中心のお店ですが、夜には七尾の時季の味がいただけるのが楽しみの一つです。

お店に入って、まずはいつもどおりの瓶ビール。


f:id:sakana770:20190929093457j:plain


それにいつもどおりの、うなぎの肝串し。


f:id:sakana770:20191001092322j:plain


ここまではある意味、私のルーティン(笑)

それからホワイトボードに目を向けると、ヒラマサやマダコ、今が旬のアオリイカの刺し身と並んで、「カキフライ」の文字が…。

七尾湾で養殖される「能登かき」は、俗に1年かきと呼ばれる小ぶりのマガキで、瀬戸内海で養殖される2・3年かきとは、大きさが違います。

こんなに早くに出荷できるのは2・3年かきだと思い、注文しようか、どうしようか、悩んでいると、まるで私の考えを見透かしたように「地物やよ。」と店主が言いました。

見透かされたことに少し気分を害しながら、見栄を張って「やっぱり」と言いながら、カキフライを注文しました。


(関連サイト:能登かき)
http://www.ikgyoren.jf-net.ne.jp/seiwan_html/index.html


テレビでは、某球団の引退間際の選手の打席にスポットを当てて、消化試合を盛り上げていましたが、私の頭のなかは注文した能登かきのことでいっぱいでした。

しばらくすると、カキフライが運ばれてきました。


f:id:sakana770:20190929093540j:plain


f:id:sakana770:20190929093527j:plain


カキフライと一緒に店主の手作りソースも添えられています。

さっそく、熱々をいただきます。

海のミルクと形容されるだけあって、濃厚です。

なかには、まだ未成熟な小ぶりなカキも混ざっていますが、身が締まって充分な旨味が閉じ込められています。

これは、逸品です。


f:id:sakana770:20190929093554j:plain


最初の一個は塩で、二個目は店主の手作りのソースで、三個目は醤油でと、味を変えてはしりの能登かきを喰らいました。

最後には、こちらも定番のうな丼をいただきました。


f:id:sakana770:20190929093610j:plain


f:id:sakana770:20190929093624j:plain


たっぷりと英気を得て、明日からも仕事に頑張ろうと思います。

ご馳走さまでした。





🐟️

店名:新公楽
住所:石川県七尾市大手町117
電話:0767-53-3415
営業:11:30~21:30(中休みあり)
休日:毎月9日、19日、29日

🐟️

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村