能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

魚介らーめん好きの憂鬱⑪ 麺の虜@山梨県中巨摩郡昭和町

先日、山梨県中巨摩郡昭和町にある『麺の虜』さんにお邪魔しました。

「そんなところ行けるか。」と言われることは重々分かってはいるんですが、さかな愛💕がある皆さんに是非にご紹介したかったので、掲載してしまいました。

では、いざ。


別の用事があって山梨県にお邪魔したんですが、用事も済ませて、どうせなら旨いラーメンでも食べようと思いました。

食べログを開いて、近くで「中華そば」と検索すると、こちらのお店がヒットしました。

麺の虜。

さっそくお店に向かうと、お店は開いていました。

閉店の20分前だったので少し心配したんですが、なんとかお店に入ることができました。

もう頭のなかは「中華そば」でいっぱいなので、急ぎ券売機の前に立ちます。

すると、「季節限定」の文字に目が釘付けに‥。

「煮干しつけ麺」「昆布水つけ麺」のつけ麺が限定のようです。

あれだけ、頭のなかが「中華そば」だったのに、秒でつけ麺にスイッチした上に、無意識にボタン押していました。

押したのは、こちらです。


f:id:sakana770:20190915120959j:plain


f:id:sakana770:20190915121009j:plain


昆布水つけ麺 850円(大盛り無料)

店員さんが、「かき混ぜて、まずは麺だけで食べてみてください。」と、カウンターの上にどんぶりをだしました。

言われるがまま、麺をまぜまぜして、まずは一口。

小麦の香りが強い全粒粉の麺を、淡い昆布の旨味がおおっています。

「旨い」

気づいた頃には口をついていました。

もう一口、もう一口、と続けていると、「こちら、つけ汁になります。」と店員さんがもう一つのどんぶりをだしてきました。

その頃には、麺は半分になっていました。

(画像は手つかずの連れのつけ麺をバシャリ)


f:id:sakana770:20190915121021j:plain


熱々のどんぶりに、レアチャーシュー、のり、細切りメンマ、ぶつ切りチャーシュー、ネギ、とトッピングが盛りだくさんです。

つけ汁は、塩味が強く、わずかに魚介の香りがします。

一口、二口と食べると、つけ汁は昆布水の冷たさで、すぐに温度が下がります。

それでもスープの旨味ははっきりと感じることができます。

スープの塩味が強いのは、このためなんですね。

最後の一口まで、美味しくいただくことができました。

今回は、本当に美味しいつけ麺に出会うことができましたが、まさか北陸人が、昆布の食べ方で驚きを受けるとは思いませんでした😰😱😫

ご馳走さまでした😄😄😄


f:id:sakana770:20190915121034j:plain


f:id:sakana770:20190915121050j:plain



🐟

【お店の情報】
店名:麺の虜
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条875
電話:ー
営業:ー
休日:ー

🐟

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

にほんブログ村 グルメブログ 魚・海鮮へ
にほんブログ村