能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

きときとの魚を食べながらジャズに包まれる きときと舎@富山県氷見市

さきほど、富山県氷見市にある『きときと舎』さんにお邪魔しました。

一見、外観からは入りづらい佇まいをしていますが、美味しいと噂を聞いたので伺ってみました。


f:id:sakana770:20190406150906j:plain


では、いざ。


店内に入ると明かり取りの窓がないので、内部は少し暗さを感じますが、壁には大きな版画絵やノスタルジックな看板、さまざまなポスターが飾られていて、何ともあじがあります。


f:id:sakana770:20190406150938j:plain


それに心地よいjazzが流れています。

jazzシンガーの山下洋輔さんや熱帯Jazz楽団さんのポスターと並んで、2000年に七尾で開催された「The Monterey Jazz Festival in Noto 2000」のポスターも飾られていました。

ふと、何をしにきたのか忘れかけましたが、まずはメニューを確認します。

ランチ(おまかせ定食プラスコーヒー) 1000円と、きときとサービス定食 1500円があったので、店員さんに違いを聞くと、「昼はランチの方で十分です。」と言うのでランチを注文しました。

店に入ったときは空いていたんですが、どうやら私の席以外は予約が入っていたようで、「しばらくお時間がかかります。」と言うことでしたが、時間もあったのでゆっくりと待つことにしました。

20分ほど待ったでしょうか、ランチが運ばれてきました。


f:id:sakana770:20190406151053j:plain


刺し身(ブリ、イカ、マダイ)


f:id:sakana770:20190406151147j:plain


ブリの味醂干しとサラダ


f:id:sakana770:20190406151210j:plain


色とりどりの小鉢、煮物、ご飯とイワシ団子の味噌汁と、おぼんいっぱいに料理が並んでいました。

刺し身は新鮮そのもので、いま豊漁のマイワシは味噌汁の具材に使われていました。

ブリの大きな切り身が味醂干しになっていたので、これにはちょっとビックリしましたが、意外にもこれは美味しかった。

味醂干しと言えば、イワシかサバのイメージがありましたが、ブリも味醂の味との相性は抜群で、特に皮の部分が一番美味しかった。

昼なのでビールは我慢しましたが、これはビールが間違いなく合います。

食事を終えてテーブルにコーヒーが運ばれてきた頃には、店内は氷見マダムでいっぱいになっていました。


f:id:sakana770:20190406151310j:plain


軽快なjazzと、魚と野菜たっぷりのオススメのランチが味わえる、きときと舎さん。

これは再訪確実のお店に出会えました。

ご馳走さまでした😆😆😆


f:id:sakana770:20190406151406j:plain


f:id:sakana770:20190406151343j:plain


(別日にいただいた、きときとサービス定食)


f:id:sakana770:20190514154938j:plain


f:id:sakana770:20190514154957j:plain


↓↓↓おさかなランチ探検隊はこちら↓↓↓
https://sakana770.hatenablog.com/entry/2019/02/21/121212




🐟️

店名:きときと
住所:富山県氷見市丸の内9-1
電話:0766-72-0546
営業:11:00~14:00、17:00~23:30
   ランチは11:00~14:00
休日:木曜日

🐟️

能登・七尾のさかなのブログ
https://www.sakana770.com/

🐟

にほんブログ村 グルメブログ 魚・海鮮へ
にほんブログ村