能登・七尾のさかなのブログ

石川県の能登半島の真ん中にある七尾市から、旬のお魚の情報や美味しい料理店or居酒屋・グルメの情報をお届けします。

大食漢ではありません ちゃか寿司@七尾市

七尾市川原町にある『ちゃか寿司』さんにお邪魔しました。

こちらのお店はとにかくランチがオススメです。

私の記憶によるところによれば、830円だったと思うんですが…

土・日曜日もランチを提供しているので、利用しやすいと思います。

・寿司ランチ
・刺し身定食
・のとの魚丼
・焼魚定食
・エビフライ定食 etc

など、色々と揃っていますが、私は魚屋さんから毎日仕入れる魚を使った"刺し身定食"を注文します。

ただ、これは七尾の魚の特徴だと思うんですが、七尾では水揚げされる魚は大半が大型定置網で漁獲されています。

大型定置網は沖合いに網を敷設して魚を待つ漁法なので、特定の魚種を狙うことはできません。

なので、獲れる魚は日々違います。

なのでなので、刺し身定食の刺し身の魚も日々違います。

今回はマグロやシメサバにサヨリ、変わったところではアワビが入っていました。(くれぐれも言いますが刺し身の魚は日により変わります。)

f:id:sakana770:20180512054739j:plain

刺し身定食の刺し身をアップで撮影。

定食には、小鉢2つ、茶碗蒸し、ご飯、味噌汁がつきますので、呑兵衛さんはご飯少な目で宜しいかと。

f:id:sakana770:20180512054809j:plain

刺し身定食とは別で注文した煮アナゴは、はホロホロで口のなかでとけます。

ご馳走さまでした😌



ふらりと七尾駅方面に歩いて、次にお邪魔したのが七尾市大手町にある『番屋』さんです。

こちらの大将、昼は大型定置網に勤められていて、夜はこの居酒屋を経営している、いま流行りの二刀流の方なんです。

少しお腹も満たされていたんですが、メニューを見ていて俄然「食べるモード」のスイッチが入りました。

f:id:sakana770:20180512054952j:plain

まずは刺し身の盛合せ、メジ(小型のマグロ)、ソイバチメ、カサゴ、コノシロを注文しました。

こちらの店は漁師さんらしく豪快で量が多いので、あえて刺し身は控え目な量で注文です。

これで控え目です😅

やはり朝とれの魚なので、食感が半端ないです。

強いて言えば、サッカー日本代表大迫勇也選手と高校時代に対戦した滝川第二高校の選手が、試合後に「大迫、半端ねえって」と言ったぐらいに「食感、半端ねえって」って感じです。

ん~、分かりにくいな😓

そうこうしていると、「これつまんで」と出てきたのがメジのネギトロです。

f:id:sakana770:20180512055116j:plain

よくスーパーで売っているネギトロは、お菓子の材料として使うショートニング(植物油脂)が入っているので、何となく後味に脂質が残る感じですが、このネギトロは味が濃厚で脂の切れが良いです。

こんなん食べるとスーパーの食えなくなる~と思っていると、「地元の海で獲れたアユあるよ」とナイスパスが飛んできました。

では、「アユとタケノコの天ぷら」を注文です。

f:id:sakana770:20180512055201j:plain

養殖や河川で獲れた稚アユは皮も厚く噛みごたえもありますが、海のアユは身崩れするぐらい身が軟らかく、天ぷらにするとホクホクのフワフワです。

一緒に出された七尾産のタケノコも軟らかーーい。

今日も鱈腹いただきました😌



念のために言いますが、これだけの量を一人で食べたわけではありませんよ。

最近、「いつも良く食べますね」と言われるので…😓


🐟

能登・七尾のさかな』ブログトップへ
https://sakana770.hatenablog.com/

🐟